任意整理の後でお金を借りるリスクと解決方法

任意整理をするとしばらくはお金を借りることができなくなるという点はよく知られていることだと思いますが、中小の消費者金融の中にはこの期間にお金を貸してくれるところもあります。

しかし、こうした消費者金融でお金を借りることにはリスクがあります。

ここでは、任意整理の後でお金を借りるとどのようなリスクがあるのかを説明したうえで、任意整理後でも安心してお金を借りられる公的機関を紹介します。

任意整理後にお金を借りると返せなくなったときに困る

せっかく任意整理をしたのに新しく消費者金融からお金を借りてしまうと、もともとあった返済の負担の上にさらなる金額の支払いが重なることになります。

それを原因として、再び任意整理をする必要が生じたり、任意整理では解決しきれず自己破産に踏み切らなければならなくなったりすることもあります。

しかし、上記のような中小の消費者金融は任意整理に応じてくれなかったり、利息のカットに積極的ではなかったりする傾向があります。

また、自己破産を選びたくても「支払いができないとわかっていたのに借金をした」という理由で自己破産を認めてもらえなくなるおそれもあるのです。

任意整理後にお金を借りることにはこのような大きなリスクがあるので、どうしてもお金を借りる必要がある場合は以下の公的機関を利用したほうがよいでしょう。

任意整理後にお金を借りるなら公的機関を頼ろう

任意整理後にお金を借りられる公的機関としては、都道府県の「社会福祉協議会」があります。

社会福祉協議会は「生活福祉資金貸付制度」というものを提供していて、その中には住宅入居費や一時生活再建費といった目的に使える「総合支援資金」や、生計の維持や自己破産の費用などに使用できる「緊急小口資金」など、一時的にお金に困っている人が借りられる資金が用意されています。

任意整理後にお金を借りる必要がある場合は、市区町村役場へ相談に行き、社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度を利用したいという旨を伝えるとよいでしょう。

まとめ

任意整理後は信用情報機関に情報が登録されてお金を借りることができなくなりますが、中小の消費者金融だと貸してくれるところもあります。

しかし、そうした消費者金融から借りると、返せなくなったときに任意整理や自己破産が難しく、解決する方法がなくなってしまうおそれがあります。

そうしたリスクを避けるため、任意整理後にやむなくお金を借りる場合は市区町村役場で相談し、社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度を利用するようにしましょう。