債務整理で弁護士費用が安いのはどの手続き?払えない場合は?

借金が返せなくて債務整理を考えている人にとって、弁護士費用がどのくらいかかるのかは気になって当然だと思います。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった種類がありますが、弁護士費用が安いのはダントツで任意整理です。

また、債務整理にかかる弁護士費用が払えない場合は、「法テラス」という国の法人を利用すれば、弁護士費用を割安で立て替えてもらえます。

債務整理で弁護士費用が安いのはダントツで任意整理

債務整理にかかる弁護士費用は手続きの種類によって違いますが、ダントツで安いのは任意整理で、1社につき4万~10万円程度で依頼することができます。

個人再生にかかる弁護士費用は30万~50万円程度ですが、個人再生は裁判所を通す手続きであるため、個人再生委員がつく場合は最大25万円程度、つかない場合は3万円程度の裁判所費用が別途かかります。

自己破産には、財産のない人がとる簡易な手続きである「同時廃止」と、財産を持っている人などがとる手続きである「管財事件」の2種類があり、どちらになるかで費用が違います。

自己破産の弁護士費用は同時廃止が30万円程度、管財事件が50万円程度ですが、裁判所費用が同時廃止は2万~3万円程度、管財事件は20万円以上かかります。

債務整理で弁護士費用が払えない場合は法テラスを利用しよう

債務整理にはそれなりの弁護士費用がかかりますが、お金がなくて払えない場合は「法テラス」という国の法人を利用すれば、弁護士費用を割安で立て替えてもらえます

法テラスとは、お金がない人も法的なサービスを受けられるようにすることを目的としている国の公式な法人で、無料法律相談や債務整理にかかる弁護士費用の立て替えを行っています。

法テラスで立て替えてもらうと弁護士費用が割安になり、毎月1万円ずつなど無理のない範囲の分割払いで返済することになります。

ただし、法テラスを利用できるのは、目安として月収18万円以下・財産180万円以下(世帯の人数や住んでいる地域によって若干違います)の人のみなので、その点は注意してください。

まとめ

弁護士費用が最も安い債務整理は任意整理で、1社につき4万~10万円程度で依頼できます。

個人再生は弁護士費用30万~50万円に加えて、裁判所費用が3万~25万円程度かかります。

自己破産は同時廃止の場合が弁護士費用30万円程度+裁判所費用2万~3万円程度、管財事件の場合が弁護士費用50万円程度+裁判所費用20万円以上となっています。

なお、債務整理の弁護士費用が払えない場合は、国の法人である法テラスを利用すれば、弁護士費用を割安で立て替えてもらえます。