郵便物で債務整理が家族にバレる!?バレない方法はこれ!

借金で悩んでいる人にとって、郵便物で家族に借金がバレる事態は避けたいところですよね。

債務整理で借金の問題が解決できると知っていても、弁護士事務所などから郵便物が自宅に届くのではないかと心配な人もいるかもしれません。

実際には、弁護士などに依頼して債務整理をするなら、郵便物で家族にバレるのはレアケースだといえます。

債務整理中は郵便物が法律事務所宛てになるので家族にバレない

弁護士や司法書士に債務整理を依頼するとすぐに、お金を借りた会社へ「受任通知」(債務整理の開始を知らせる通知)を送ってもらえます。

受任通知を送った後は、お金を借りた会社からの郵便物はすべて法律事務所宛てに送られるようになります。

また、債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、個人再生と自己破産では裁判所からの郵便物が届くことになりますが、それも法律事務所宛てで届きます。

そのため、お金を借りた会社や裁判所からの郵便物が自宅に届いて家族に債務整理がバレるという心配はありません。

加えて、法律事務所から本人へ郵便物を届ける必要がある場合、できるだけ手渡しにする、送り主の名前を法律事務所ではなく弁護士の個人名にするなど、家族バレを防ぐ工夫をしてもらえます。

債務整理せずに滞納すると郵便物で家族に借金がバレる

むしろ、郵便物で家族に借金がバレやすいのは、債務整理をせずに借金を滞納した結果、自宅に督促状や請求書、裁判所からの郵便物などが届いたときです。

借金を滞納して督促の電話にも対応しないと、自宅に督促状が届きます。

そのまま3カ月程度が過ぎると、自宅に借金の残高を一括払いで支払うようにとの請求が内容証明郵便という郵便物で来ます。

内容証明郵便は書留のように手渡しで渡されるので、家族に借金がバレるリスクが高くなります。

さらに滞納が続くと、裁判になって自宅に訴状が届きます。

裁判に負けると支払命令が出て、給料や財産の差し押さえを受けるので、ここまで来てしまうと家族にバレないようにするのは難しいでしょう。

家族バレを防ぐためには、早い段階で債務整理に踏み切ってしまったほうが得策です。

まとめ

弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると、お金を借りた会社や裁判所からの郵便物はすべて法律事務所宛てに送られるようになります。

また、法律事務所から本人へ郵便物を届ける必要がある場合は、手渡しにしたり、差出人名を弁護士の個人名にしたりして、家族バレを防いでもらえます。

逆に、債務整理をせずに借金の滞納を続けてしまうと、督促状や一括請求を求める内容証明郵便、裁判所から送られる訴状などの郵便物が自宅に届き、家族に借金がバレる原因になります。

借金を滞納している場合は、早めに債務整理に踏み切った方が、家族バレを防げる確率が高くなります。