債務整理後に住宅ローンが組めるのはいつから?

マイホームを購入したいと思っている人にとって、「債務整理後は住宅ローンが組めない」というのは気になる情報ですよね。

実は、債務整理後はしばらく住宅ローンが組めなくなるだけで、永久にローンが利用できなくなるわけではありません。

いつから住宅ローンが組めるようになるかは債務整理の種類によって違う

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、任意整理なら約5個人再生や自己破産なら約510が経てば、また住宅ローンを組めるようになります。

なぜ住宅ローンが組めなくなるのか

そもそもなぜ債務整理をすると住宅ローンを組めなくなるのかというと、銀行やローン会社などが加盟している「信用情報機関」に債務整理の情報が登録されて、いわゆる「ブラックリスト」の状態になるためです。

信用情報機関に加盟している会社は登録されている債務整理の情報を見ることができるため、ブラックリスト状態の間は住宅ローンの審査にほぼ確実に落ちてしまうのです。

正確にはいつから住宅ローンが組めるのか

信用情報機関の情報は任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510年で削除されますが、そのときに通知などで知らせてもらえるわけではありません。

住宅ローンを組むなら確実にブラックリストが解除されているかチェックしたほうがいいので、信用情報機関に「信用情報の開示請求」を行うといいですよ。

信用情報機関には、JICCCICJBAKSC3つがあります。

JICCCICはインターネット・郵送・窓口、JBAは窓口のみで信用情報の開示請求を受け付けてくれるので、決められた手数料を払って確認してみてください。

債務整理後に住宅ローンを組むときのポイント

債務整理後、ブラックリスト期間が終わった後で住宅ローンを組むときには、債務整理の対象にした会社とはまったく関係のない会社を利用するのがポイントです。

ブラックリスト状態は債務整理から一定期間が過ぎれば解除されますが、債務整理の対象にした会社は自社内で独自に債務整理の情報を保管していることが多いので、その会社で住宅ローンを組もうとしても審査に落ちてしまいます。

また、グループ会社の場合はグループ内で情報を共有していることもあるといわれているので、住宅ローンを組むなら債務整理した会社とは何の関係もない会社を選んだほうがいいといえます。

さらに、頭金が用意できれば住宅ローンの審査に受かる可能性がUPします。

まとめ

債務整理後、再び住宅ローンが組めるようになるのは、任意整理なら約5年後、個人再生や自己破産なら約510年後です。

また、住宅ローンを組む前に信用情報機関に信用情報の開示請求をして、確実にブラックリスト状態が解除されているかチェックしましょう。

なお、債務整理後に住宅ローンを組むなら、債務整理した会社とまったく関係のない会社を選び、頭金を用意するといいですよ。