債務整理の意味とは?借金を減額できる正式な手続きを解説!

返しきれない借金に悩まされていて「債務整理という解決方法があるらしい」と知ったものの、意味がよくわからなくて債務整理に踏み切れないという人は少なくないと思います。

債務整理についての説明は専門用語があったりして難しいことも多いですよね。

ここでは、誰が読んでもわかるように債務整理の意味を説明していきます。

債務整理の意味とは「借金を減額できる正式な手続き」

債務整理とは、借金を減額して返済できるようにしたり、借金自体をなくしたりすることができる正式な手続きのことを意味しています。

債務整理は法律で認められている借金減額の手続きであり、一般的には弁護士や司法書士に依頼して手続きのほとんどを代わりに行ってもらうので簡単です。

もちろん、違法なことや危険なことは一切ありません。

なお、債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった種類があり、それぞれ特徴が異なります。

任意整理とは、弁護士などにお金を借りた会社と直接交渉してもらい、利息や遅延損害金を全額カットしたり、返済期間を60回払い程度に延長してもらったりして、返済の負担を大幅に減らせる債務整理です。

個人再生とは、裁判所を通して借金を5分の1程度に減額してもらい、35年かけて返済していく形の債務整理です。

自己破産とは、裁判所に申し立てて財産を処分する代わりに、借金自体をなくしてもらうことができる債務整理です。

債務整理は意味がない?デメリットの誤解を解消!

「債務整理すると周りの人みんなにバレて普通に生活できなくなるから意味がない」「自己破産すると一文無しになるから意味ない」など、債務整理についてはとにかく誤解が多いのが現状ですが、正しいデメリットを把握するのが大切です。

まず、債務整理をするといわゆる「ブラックリスト」状態になり、クレジットカードが使えない、新規の借金ができない、借金の保証人になれない、分割払いができないといった制限を受けますが、これは任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約5~10年で解除されます。

また、任意整理は他の誰にもバレないように行うことができ、個人再生や自己破産も家族以外の人にバレるケースはかなり少ないです。

さらに、自己破産では財産が処分されますが、99万円以下の現金と生活必需品は手元に残せるので、一文無しにはなりません。

まとめ

債務整理とは法律で認められている借金減額の正式な手続きのことで、任意整理・個人再生・自己破産といった種類があります。

債務整理のデメリットについては誤解が多いですが、ブラックリストは一定期間で解除される、他の人にバレにくい、自己破産しても一文無しにはならないといった正確な情報を知ることが大切です。

 

静岡で自己破産で借金を解決したい方におすすめの司法書士