任意整理後にスマホの機種変更したい人が読む2つのポイント

任意整理を検討している人や、既に任意整理を始めている人の中には、「そろそろスマホの機種変更をしたい」と思っている人もいることでしょう。

任意整理をするとスマホがどうなるのかは気になるところですよね。

ここでは、滞納がなければ任意整理後も機種変更はできるということ、任意整理後の機種変更では分割払いができないということを説明していきます。

滞納がなければ任意整理後の機種変更はOK

任意整理後の機種変更で一番重要になるのは、スマホなどの利用料を滞納しているかどうかです。

利用料の滞納がなければ、任意整理後にスマホを使い続けても、機種変更しても、何の影響もありません。

逆に、利用料の滞納がある場合は、任意整理をするときに注意が必要です。

まず、滞納がある状態ではどの携帯電話会社でも機種変更ができません。

また、滞納している利用料を任意整理して減額してもらった場合、対象にした携帯電話会社はその後利用できなくなります。

つまり、任意整理後に機種変更をするなら、利用料の滞納がある携帯電話会社を対象から外し、他の借金を整理したうえで、利用料の滞納を解消する必要があるのです。

任意整理後の機種変更では分割払いができない

任意整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に約5年間その情報が登録されます。

信用情報機関に登録されている間は、クレジットカードの利用・新規の借金・分割払いでモノを買うことなどができなくなります。

スマホや携帯電話の割賦購入も分割払いという扱いになるので、任意整理後約5年間はスマホなどを分割払いで購入することができないのです。

しかし、本体代を一括払いで支払えるのであれば、スマホや携帯電話を購入・契約すること自体には問題ありません。

まとめ

スマホや携帯電話の利用料を滞納していなければ、任意整理後に機種変更をすることはできます。

一方、利用料の滞納がある状態では、どこの携帯電話会社でも契約をすることができません。

また、利用料の滞納を任意整理の対象に入れて減額してもらった場合、その携帯電話会社は今後利用できなくなります。

なお、任意整理後にスマホなどを購入する際は、分割払いでの支払いができなくなります。

本体代を一括払いで支払う必要があるので、その点には注意してください。