債務整理すると持ち家はどうなる?手続きごとに家を残せるか解説

持ち家がある人にとって、「債務整理すると家を失うのではないか」という不安は切実なものですよね。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、やり方によっては家を残して債務整理することができます。

任意整理は持ち家に何の影響も出ない債務整理

任意整理は債務整理の中で唯一、持ち家があっても何の影響もない手続きです。

言い換えると、住宅ローンが完済している持ち家を残せる唯一の債務整理でもあります。

また、住宅ローンが返済中の場合は、住宅ローンのみ任意整理の対象から外せば、家を残して借金を整理することができます。

個人再生は「住宅ローン特則」で持ち家を残せる債務整理

個人再生は裁判所を通して借金を減額してもらう債務整理なので、原則としてすべての借金を整理の対象に含めなければならないというルールになっています。

しかし、「住宅ローン特則」という制度を使えば、例外的に返済中の住宅ローンを整理の対象から外すことができるので、持ち家を残して借金の元本を減らせます

また、住宅ローン特則を利用した場合、個人再生が終わった後は元本の返済と並行して住宅ローンの返済も行っていくことになります。

なお、住宅ローンが完済している家の場合、個人再生では持ち家が財産として扱われます。

個人再生では持っている財産をお金に替えた場合の金額までしか借金を減額してもらえないので、ローン完済後の持ち家がある場合は、個人再生をする意味がなくなってしまうケースがほとんどです。

自己破産は持ち家を残すことができない債務整理

自己破産は借金をなくすことができる代わりに、20万円以上の価値がある財産を処分しなければならない債務整理です。

自己破産では持ち家も財産に含まれ、売却処分の対象となります

また、自己破産には「同時廃止」と「管財事件」の2種類の手続きがあり、持ち家という財産があると、負担が大きい管財事件の手続きになってしまいます。

そこで、あらかじめ持ち家を売却する「任意売却」をしておき、財産を持っていない状態で自己破産をすることで、手続きを負担の少ない同時廃止にするという方法もあります。

まとめ

持ち家を残して債務整理したい場合、任意整理であれば、家に何の影響もなく借金を減らせます。

また、ローン完済前の家であれば、住宅ローン特則を利用して個人再生をすることで、家を残して借金を整理できます。

なお、自己破産では財産が処分されるため、持ち家を残すことはできません。

そこで、任意売却として自ら持ち家を売却しておき、自己破産の手続きを負担の少ない同時廃止にするという方法もあります。