任意整理の記録はどこにどのくらい残るの?

任意整理をしたい人の中には、「任意整理をすると記録が残ってしまうのではないか」「記録のせいで任意整理が他の人にバレるのではないか」という心配を抱く人も多くいます。

実際のところ、任意整理の記録が残るのは「信用情報機関」のみで、信用情報機関の記録も約5年が経過すると削除されることになっています。

任意整理の記録が残るのは信用情報機関だけ

任意整理をしたときに記録が残るのは、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」だけです。

信用情報機関とは、お金を貸す相手に返済能力があるかどうかをチェックするために、クレジットカードの利用状況や債務整理の状況といった「信用情報」と呼ばれる情報を集める役割を持った機関です。

信用情報機関に情報が登録されると、どこの会社でも、クレジットカードの利用、ローンやキャッシングなどでの借金、分割払いでモノを買うことなど、信用が必要な一部の取引が制限されます。

信用情報機関に任意整理が記録されるのは約5年間

任意整理の場合、信用情報機関に情報が登録される期間は約5年間で、この期間が過ぎると任意整理の情報が削除され、信用が必要な取引の制限も解除されます。

ただし、信用情報機関から記録が削除されても、特に通知などは来ないため、確実に記録が消えたかどうかを確認したいときは、信用情報機関であるJICCCICJBAKSC)に信用情報の開示請求をする必要があります。

任意整理の情報は官報に載らない

個人再生や自己破産だと、裁判所を通す法的な手続きとなるため、国の新聞である「官報」に情報が記録されます。

一方、任意整理は自分の代理人である弁護士や司法書士と会社側とが裁判所を通さずに行う任意の交渉であるため、官報への掲載はされません。

また、任意整理の情報が免許証やパスポート、戸籍や住民票といった公的な書類に記録されることも一切ありません。

まとめ

任意整理の記録が残るのは「信用情報機関」のみで、その記録も約5年が経過すると削除されます。

ただし、信用情報機関の記録が削除されても通知などは来ないので、確実に削除されたことを確認したい場合は、信用情報機関に信用情報の開示請求をする必要があります。

また、個人再生や自己破産とは異なり、任意整理は「官報」に記録されることがありません。

任意整理の情報が免許証やパスポート、戸籍や住民票といった公的な書類に記録されることも一切ありません。

三重県で債務整理に強い弁護士はこちら