任意整理のメリットとは?一番簡単に借金減額できる債務整理

このページを見ている人の中には、借金の返済が苦しくて「なんとか返済の負担を軽くできないか」と思っている人が多いと思います。

任意整理は、そんな悩みを最も手軽に解決できる方法です。

任意整理では、利息を全額カットして返済期間を延長してもらうことで、借金返済の負担をかなり軽くすることができます。

また、任意整理には他の債務整理よりも少ないデメリットでできるというメリットもあります。

任意整理の最大のメリットは利息・遅延損害金を手軽にカットできること

任意整理とは、弁護士や司法書士に自分の代理人として会社側との交渉を行ってもらい、利息や遅延損害金を全額カットしたり、返済期間を60回払い程度の長期に設定してもらったりできる債務整理の手続きです。

例えば、120万円の借金を抱えている人は、多くの場合、毎月6万円程度を返済し続けて総額約144万円程度を返済することになります。

しかし、任意整理をすれば利息の約24万円を0円にしてもらうことができるので、毎月2万円を5年間かけて返済していけば元本を完済することが可能です。

任意整理では、手続きに必要な書類(身分証や住民票など)を集めて契約を結んだ後は、本人がやらなければならないことはほとんどなく、ただ待っているだけで借金が整理できるというのもメリットの一つです。

任意整理には保証人に迷惑がかからないというメリットもある

債務整理には、任意整理の他に「個人再生」や「自己破産」といった種類がありますが、個人再生や自己破産は裁判所を通して行う法的な手続きであるため、すべての借金を整理の対象に含めなければなりません。

そのため、保証人付きの借金がある人が個人再生や自己破産をすると、保証人に借金の残高が一括請求され、多大な迷惑をかけてしまうというデメリットがあります。

しかし、任意整理は自分と会社側とが任意で行う交渉であるため、整理の対象とする借金を自由に選ぶことができます。

保証人付きの借金がある人の場合、保証人付きの借金を整理の対象から外すことで、保証人に迷惑をかけずに借金を整理することが可能です。

まとめ

任意整理では、利息や遅延損害金を全額カットして0円にしてもらったうえで、返済期間を60回払いなどの長期にしてもらえるというメリットがあります。

それに加えて、任意整理は裁判所を通さずに行う任意の交渉であるため、保証人付きの借金を整理の対象から外すことで、保証人に迷惑をかけずに他の借金を整理できるというメリットもあります。