任意整理とは?最も簡単に借金を減らせる債務整理を紹介

返しきれない借金という問題に悩んでいる人に、ぜひ知ってほしいことがあります。

それは、「任意整理」について。

任意整理とは、法的に認められた正式な借金減額の手続きである「債務整理」の一つで、最も簡単に借金を減らしてもらうことができるのです。

ここでは、任意整理をするとどのようにして借金を減らしてもらえるのかを簡単に説明していきます。

任意整理とは?どのようにして借金を減らしてもらえるのか

任意整理とは、弁護士や司法書士に自分の代理人としてお金を借りた会社と交渉してもらい、利息や遅延損害金を0にしてもらったり、返済期間を60回払い程度の長期に延長してもらったりできる債務整理です。

例えば、借金が100万円ある人の場合、一般的な例でいうと毎月の返済額は5万円程度、返済総額は約120万円にのぼります。

しかし、任意整理をすれば利息の約20万円は全額カットしてもらうことができ、毎月約17000円の支払いを5年間続けていけば元本を完済できます。

任意整理に必要な手続きとは?

任意整理をしたい場合は、まず法律事務所に行って弁護士や司法書士と相談をする必要があります。

弁護士などとの相談では、自分の収入や状況を説明して、本当に任意整理をするのが最適なのかを判断してもらうことになります。

ちなみに、債務整理には任意整理の他に「個人再生」や「自己破産」といった種類があり、それぞれ異なるメリットとデメリットがあります。

正式に任意整理を依頼することに決めたら、身分証や住民票などの書類を渡して委任契約を結びます。

任意整理を依頼する人がやらなければならないのはこれだけで、あとは待っていれば弁護士などが手続きや交渉をすべて行ってくれます。

なお、相談の時点で身分証・印鑑・住民票・給与明細・通帳のコピーを持っていけば、相談に行った当日に契約を結ぶことも可能です。

借金の取引明細やキャッシングのカードなど、資料になりそうなものが残っていればそれもまとめて持参するといいです。

まとめ

任意整理では、弁護士や司法書士が自分の代理人として会社側と交渉を行い、利息・遅延損害金の全額カットや返済期間の延長(60回払い程度)といった条件で和解します。

任意整理をするためには、本人が一度法律事務所に行って弁護士や司法書士と相談をする必要があります。

そのときに身分証や住民票、印鑑などの持ち物があれば、当日に契約を結ぶことも可能です。

なお、契約を結んだ後は本人がしなければならないことはほとんどなく、待っているだけで債務整理が完了します。