任意整理とカーリースの関係を2つのポイントで解説

カーリースとは、リース会社が本人の代わりに車の代金を支払って購入し、一定期間本人に対して有料で貸し出す契約のことをいいます。

自動車ローンを組んだ場合よりも安い支払金額で車を使うことができるカーリースですが、カーリースも自動車ローンと同じく任意整理の対象にすると車が回収されてしまいます。

また、任意整理後のブラックリスト期間中はカーリースを新規契約することができません。

任意整理ならカーリース中でも車を手放さずに借金減額ができる

カーリースを債務整理の対象に含めた場合、車は所有権を持つリース会社に回収されることになります。

カーリースを利用している間に個人再生や自己破産といった裁判所を通す債務整理を行うと、必ずカーリースも債務整理の対象に含めなければならないため、車を残して債務整理をするというわけにはいきません。

一方、任意整理は自分の代理人である弁護士や司法書士と会社側とが任意で行う交渉であるため、どの会社を任意整理するか自分で決めることができるという特徴があります。

このメリットを生かして、カーリースを任意整理の対象に含めないようにすれば、車を使い続けながら借金を減額してもらうことが可能なのです。

任意整理後はブラックリストになるのでカーリースができない

任意整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に任意整理をしたという情報が登録されて、約5年間、いわゆるブラックリストの状態になります。

ブラックリスト中はクレジットカードの利用や作成ができない、新しく借金ができない、借金の保証人になれない、スマホなどを分割払いで買えない、といった制限がかかるのですが、ブラックリストだとカーリースも利用できません

カーリースを提供しているリース会社も信用情報機関に加盟していて、契約時などに信用情報機関の情報を確認しているため、任意整理の情報があるとすぐにわかってしまうためです。

まとめ

自動車ローンと同様、カーリースも債務整理の対象に含めると車がリース会社に回収されることになりますが、任意整理であればカーリースだけを対象から外して借金を整理できるので、車を手元に残すことが可能です。

なお、任意整理後は約5年間ブラックリストに載った状態になり、カーリースも契約できなくなるので注意してください。