任意整理は途中でキャンセルできる!キャンセルのデメリットとは

任意整理をすると、利息・遅延損害金のカットや返済期間の延長による借金減額効果を手軽に受けることができるというメリットがあります。

しかし、任意整理をするとブラックリストに載ってクレジットカードが使えなくなるなどのデメリットがあることも事実です。

任意整理を依頼した後でそうしたデメリットに気づいたり、依頼後に臨時収入があって「やっぱり返済できる」となったりしたときは、任意整理を途中でキャンセルすることが可能です。

任意整理は途中でキャンセルしてもOK

任意整理は、依頼をしてしまった後でもキャンセルすることができます

まず、弁護士や司法書士に「任意整理をキャンセルしたい」ということを伝えましょう。

そうすると、すぐに委任契約の取り下げや代理人辞任の手続きをしてもらえます。

その後、会社側へ「辞任通知」という、任意整理をキャンセルすることを伝える通知が送られます。

このような流れで、任意整理をキャンセルすることが可能です。

任意整理をキャンセルすると信用情報機関に登録されなくなる

任意整理を依頼するとすぐに、任意整理が始まることを知らせる「受任通知」が会社側に送られますが、この段階で信用情報機関に任意整理の情報が登録されることになります。

任意整理を取り消し、「辞任通知」を受け取ると、基本的には会社側が信用情報機関に登録した任意整理の情報を取り下げてくれます

ただし、会社によってはきちんと取り下げをしてくれないところもあるので、おかしいと思ったら自分で信用情報機関に情報開示の請求をして、適宜修正を依頼する必要があります。

任意整理をキャンセルするデメリット

任意整理をキャンセルするデメリットとして、弁護士費用や司法書士費用のうち「着手金」にあたる部分は返金してもらえないことがほとんどだという点があります。

任意整理の費用には他に「成功報酬」「減額報酬」の2種類がありますが、こちらは支払う必要がなくなります。

まとめ

任意整理を依頼した後でキャンセルすることは可能なので、まず弁護士や司法書士にキャンセルする旨を伝えましょう。委任契約の解除や辞任通知の送付といった手続きを行ってもらえます。

任意整理をキャンセルすると、会社側が信用情報機関に登録した情報を取り下げてくれますが、そうしてくれない会社もあるので、心配な人は一度信用情報機関に情報開示の請求をするといいでしょう。

任意整理をキャンセルしても、弁護士・司法書士費用のうち「着手金」は戻ってこないことがほとんどですので注意してください。