個人再生のメリットとは?家を残して借金の元本を減額

返しきれない借金を抱えている人の中には、任意整理で利息をカットしてもらっても借金を完済できないという人も少なからずいるでしょう。

そんな人に利用してほしいのが、借金の元本を大幅に減額してもらえる「個人再生」という債務整理です。

個人再生には「住宅ローン特則」という制度があり、ローン完済前の持ち家を残して借金を減額してもらえるというメリットもあります。

個人再生のメリットは元本を大幅に減額できること

個人再生には、裁判所に申し立てを行うことで借金の元本を大幅に減額してもらえるという大きなメリットがあります。

また、減額された借金の返済期間を3年~5年に設定してもらえるので、毎月の返済額が小さくなり、家計に余裕が出ます。

個人再生で減額してもらえる借金額は、以下のように基準が設定されています。

借金額100万円以下:借金額の全額

借金額100万円~500万円:100万円

借金額500万円~1500万円:借金額の5分の1

借金額1500万円~3000万円:300万円

借金額3000万円~5000万円:借金額の10分の1

なお、借金額が5000万円を超える場合は個人再生できないので、自己破産を選ぶことになります。

個人再生にはローン完済前の家を残せるというメリットもある

個人再生をするときは、上述した返済額の基準が適用されたうえで、家や車などの財産を売却処分したときの金額と比較して、高い方が返済額となります。

つまり、同じ借金額が500万円の人でも、財産が全くない人であれば返済額は100万円になりますが、1200万円の価値がある家を持っている人は借金が全く減らないことになってしまうのです。

しかし、ローン完済前の家であれば「住宅ローン特則」という制度を利用することで、住宅ローンを例外扱いとしてもらい、家を残したまま個人再生することが可能です。

まとめ

個人再生では借金の元本を大幅に減額してもらったうえで35年かけて返済することになりますが、減額してもらえる金額は借金額に応じて基準が設けられています。

その基準と財産をすべてお金に替えたときの金額とを比較して、高い方が返済額とされます。

そのため、家を持っている人は借金を全く減額してもらえないということになってしまいます。

しかし、「住宅ローン特則」という制度を利用すれば、住宅ローンが残っている家を例外扱いとして、家を残したまま個人再生を行うことができます。