個人再生のデメリットとは?保証人付きの借金に注意

借金問題に頭を悩ませている人の中には、「個人再生をしてみたいけれどデメリットが怖い」という人も少なからずいるでしょう。

個人再生では借金を大幅に減額してもらえる反面、確かにデメリットもいくつかあります。

あらかじめデメリットを正しく知っておけば、個人再生が最適かどうか判断するための材料になります。

個人再生では保証人に迷惑がかかるというデメリットがある

個人再生は裁判所に申し立てて行う法的な手続きとなるため、すべての借金を同じように整理しなければならないというルールがあります。

そのため、保証人付きの借金をしている人が個人再生をすると、保証人に借金の残高が一括払いで請求され、大きな迷惑をかけるというデメリットがあるので注意してください。

ですので、保証人に迷惑をかけたくないという場合は任意整理を選ぶとよいでしょう。

任意整理であれば整理の対象に含める借金を自由に選べるので、保証人付きの借金を対象から外すことが可能だからです。

財産がある人は個人再生で借金を減額できないというデメリットも

個人再生では借金の元本を5分の1程度に減額してもらえますが、財産がある人の場合は財産をお金に替えた場合の金額は最低でも返済しなければならないというルールがあります。

つまり、同じ600万円の借金がある人でも、財産がまったくない人なら返済額を120万円まで減額してもらえますが、200万円の価値がある車を持っている人は200万円までしか借金が減額されません。

ただし、住宅ローンが残っている家の場合は、「住宅ローン特則」という制度を利用すれば例外扱いにしてもらえるので、家があっても借金を減額してもらえます。

そもそも個人再生ができない人もいるというデメリットがある

個人再生をすることができるのは、将来にわたって元本を返済していけるだけの十分な収入が安定して見込める人のみです。

収入が安定していない人や収入がない人は個人再生を選ぶことはできません。

また、借金額が5000万円を超える場合も個人再生はできないので、自己破産をする必要があります。

まとめ

保証人付きの借金がある人の場合、個人再生をすると保証人に一括払いで請求がいくというデメリットがあるので注意してください。

また、財産がある人の場合、財産をお金に替えたときの金額までしか借金を減額してもらえないというデメリットもあります。

さらに、安定した収入が見込めない人や、借金額が5000万円を超える人は、そもそも個人再生自体ができないという点もデメリットです。