任意整理とカーリースの関係を2つのポイントで解説

カーリースとは、リース会社が本人の代わりに車の代金を支払って購入し、一定期間本人に対して有料で貸し出す契約のことをいいます。

自動車ローンを組んだ場合よりも安い支払金額で車を使うことができるカーリースですが、カーリースも自動車ローンと同じく任意整理の対象にすると車が回収されてしまいます。

また、任意整理後のブラックリスト期間中はカーリースを新規契約することができません。

任意整理ならカーリース中でも車を手放さずに借金減額ができる

カーリースを債務整理の対象に含めた場合、車は所有権を持つリース会社に回収されることになります。

カーリースを利用している間に個人再生や自己破産といった裁判所を通す債務整理を行うと、必ずカーリースも債務整理の対象に含めなければならないため、車を残して債務整理をするというわけにはいきません。

一方、任意整理は自分の代理人である弁護士や司法書士と会社側とが任意で行う交渉であるため、どの会社を任意整理するか自分で決めることができるという特徴があります。

このメリットを生かして、カーリースを任意整理の対象に含めないようにすれば、車を使い続けながら借金を減額してもらうことが可能なのです。

任意整理後はブラックリストになるのでカーリースができない

任意整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に任意整理をしたという情報が登録されて、約5年間、いわゆるブラックリストの状態になります。

ブラックリスト中はクレジットカードの利用や作成ができない、新しく借金ができない、借金の保証人になれない、スマホなどを分割払いで買えない、といった制限がかかるのですが、ブラックリストだとカーリースも利用できません

カーリースを提供しているリース会社も信用情報機関に加盟していて、契約時などに信用情報機関の情報を確認しているため、任意整理の情報があるとすぐにわかってしまうためです。

まとめ

自動車ローンと同様、カーリースも債務整理の対象に含めると車がリース会社に回収されることになりますが、任意整理であればカーリースだけを対象から外して借金を整理できるので、車を手元に残すことが可能です。

なお、任意整理後は約5年間ブラックリストに載った状態になり、カーリースも契約できなくなるので注意してください。

任意整理の後でお金を借りるリスクと解決方法

任意整理をするとしばらくはお金を借りることができなくなるという点はよく知られていることだと思いますが、中小の消費者金融の中にはこの期間にお金を貸してくれるところもあります。

しかし、こうした消費者金融でお金を借りることにはリスクがあります。

ここでは、任意整理の後でお金を借りるとどのようなリスクがあるのかを説明したうえで、任意整理後でも安心してお金を借りられる公的機関を紹介します。

任意整理後にお金を借りると返せなくなったときに困る

せっかく任意整理をしたのに新しく消費者金融からお金を借りてしまうと、もともとあった返済の負担の上にさらなる金額の支払いが重なることになります。

それを原因として、再び任意整理をする必要が生じたり、任意整理では解決しきれず自己破産に踏み切らなければならなくなったりすることもあります。

しかし、上記のような中小の消費者金融は任意整理に応じてくれなかったり、利息のカットに積極的ではなかったりする傾向があります。

また、自己破産を選びたくても「支払いができないとわかっていたのに借金をした」という理由で自己破産を認めてもらえなくなるおそれもあるのです。

任意整理後にお金を借りることにはこのような大きなリスクがあるので、どうしてもお金を借りる必要がある場合は以下の公的機関を利用したほうがよいでしょう。

任意整理後にお金を借りるなら公的機関を頼ろう

任意整理後にお金を借りられる公的機関としては、都道府県の「社会福祉協議会」があります。

社会福祉協議会は「生活福祉資金貸付制度」というものを提供していて、その中には住宅入居費や一時生活再建費といった目的に使える「総合支援資金」や、生計の維持や自己破産の費用などに使用できる「緊急小口資金」など、一時的にお金に困っている人が借りられる資金が用意されています。

任意整理後にお金を借りる必要がある場合は、市区町村役場へ相談に行き、社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度を利用したいという旨を伝えるとよいでしょう。

まとめ

任意整理後は信用情報機関に情報が登録されてお金を借りることができなくなりますが、中小の消費者金融だと貸してくれるところもあります。

しかし、そうした消費者金融から借りると、返せなくなったときに任意整理や自己破産が難しく、解決する方法がなくなってしまうおそれがあります。

そうしたリスクを避けるため、任意整理後にやむなくお金を借りる場合は市区町村役場で相談し、社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度を利用するようにしましょう。