自己破産のデメリットとは?正しく知って賢く債務整理しよう

返しきれない借金を抱えて自己破産を検討している人にとって、自己破産にはどんなデメリットがあるのか、という点は気になるところでしょう。

自己破産の最大のデメリットは、財産が処分されることです。

また、破産手続き中は一部の職業に就けない、ブラックリストによる制限を受ける、というデメリットもあります。

自己破産の最大のデメリットは財産が処分されること

自己破産では、裁判所に申し立てて財産を処分する代わりに、借金などの支払義務を免除してもらうことができます。

自己破産で処分される財産には、20万円以上の価値がある現金・預金・有価証券・家・土地・車・バイク・退職金見込額・保険の解約払戻金などが含まれます。

ただし、99万円以下の現金や生活必需品は「自由財産」として残すことができるので、一文無しにはなりません。

自己破産では一部の職業に一時的に就けなくなるというデメリットもある

自己破産を申し立てて破産手続開始決定が出されてから自己破産が認められるまでの手続き期間中は、一時的に一部の職業に就くことができなくなります。

就業制限を受ける職業としては、弁護士・司法書士・会計士・税理士などの士業、金融業、建設業、風俗業、警備員などがあります。

自己破産の手続きが終了すれば、こうした職業の人も再び仕事ができるようになります。

自己破産でもブラックリストによるデメリットは受ける

自己破産すると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に情報が登録されて、いわゆる「ブラックリスト」に載った状態になります。

ブラックリストに載っている間は、クレジットカードが利用停止になる、ローンやキャッシングで借金ができない、分割払いができない、借金の保証人になれない、信販系の家賃保証会社が利用しづらくなる、といったデメリットがあります。

信用情報機関に情報が登録される期間は約510年間で、この期間が過ぎればブラックリストによる制限は解除されます。

まとめ

自己破産の最大のデメリットは財産が処分されることですが、99万円以下の現金や生活必需品は自由財産として手元に残すことができます。

また、自己破産の手続き中は一部の職業に就けなくなりますが、手続きが完了して自己破産が認められれば、就業制限は解除されます。

自己破産でも、債務整理に共通したデメリットであるブラックリストによる制限は受けますが、約510年が経過すればブラックリストの制限は解除されます。

西宮で自己破産をするなら相談無料の弁護士へ